松阪元気人-キュイジーヌフランセーズサンセリテ-

サンセリテ内観 2018(平成30)年2月、下村町にオープンしたフランス料理店のオーナーシェフ、萬濃さんは、小学校低学年の時、母が台所に立つ姿を見て料理人になりたいと思った。相可高校の食物調理科に入学し、村林新吾教諭に調理を学ぶ過程で「知識や技術」「目利き」「人と人との縁」の大切さを教わり、一気に世界が広がった。毎日、早朝に先生たちと通った市場で出会った人とは今も取引業者としてつながり、縁の大切さを日々実感、感謝する。3年生の時には調理技術コンクール全国大会「グルメピック」に出場。高校生活の集大成となった。

 フレンチのシェフを志すきっかけは、親戚に連れて行ってもらい、初めて食べたフランス料理。衝撃を受け、料理の味が忘れられなかった。卒業後、そのきっかけとなったフランス料理レストラン「ラ・パルム・ドール」の後藤雅司シェフの下で修業する機会を得て、腕を磨く日々を送った。厳しくも優しさを感じ、「真のフランス料理人としての基礎や心意気、生き方」を学んだ。「料理に対する確固たる信念や考え方」を基に、食材へのアプローチ、一皿の表現方法やストーリー性の作り方など、自由に表現させてもらった事が、現在の自分の料理につながっている。

 26歳の時、良縁に恵まれ、現在の店舗で独立を決意。開業から4カ月、慌ただしく日々を過ごす中で、お客様から「おいしかった。また来る」と声を掛けてもらうことが一番うれしい。もっと好きになってもらい、地元食材の良さを伝えたいと、今に満足せず地元に根付いていく、こだわりの料理人でありたい。

 「店名でもある『Sincerite(サンセリテ)』はフランス語で『真心』や『誠実』。三重で育まれる豊かな食材と真摯に向き合い、お客様に〝口福〟の瞬間と余韻が残る一皿を真心を込めて提供したい」。地元愛に溢れた料理人魂が光る。こだわりを追求する旅は終わることはない。

The following two tabs change content below.
YOUまつさか編集人員1号。 レゴ部長。 SPEC→非まつさか人。

Pin It on Pinterest

Share This YOUまつさか

よろしければ、この投稿をシェアしてください!

イベント(ニュース) グルメ 料理室 ヘアー&エステサロン 松阪のお店紹介 スタッフのつぶやき
IMG_4651
what3words.comで現在地の住所を調べてみた。

FacebookTwitterGoogle+PinterestGmail what3words.comというサイトを

閉店
【閉店・移転情報】2018.8.4更新

FacebookTwitterGoogle+PinterestGmail 松阪市周辺の閉店移&

35575569_1736226319788158_3771750896782802944_n
【垣鼻町】新築・リフォーム・リノベーション 巧匠 松本建築

FacebookTwitterGoogle+PinterestGmail Instagramからの自動投稿(*´